スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後!!

前回からまた時間が空きましたね。AZUREです。

あれからそれなりの連接剣やガントレットの案を考案はしたのですが、
やはり現状の私の資産や技術ではそれらを実現することは困難であり、
また、実際に作ったところで今の日本で実際に使用することはできない・・・
そんな気持ちが私の創作意欲を下げて行ったのです。

それに、そこそこの年で、仕事に関しても中堅になってきて、
いろんなことにも対して新鮮味が薄れる日々。

そんな中、ついに思い至ったのは日常的に使用できるツールをつくることです。
実際に使えるならいらないものがスペースを奪う罪悪感も消え、
きちんと作ればものづくりのスキルも上がる。
これが大人になるということなのですね。




そのため、今後は以下の2点を並行して作っていこうと思います。
・都市適応型ガントレット
 軽量で安全設計。普段使い可能なデザイン。複数の便利機能をもち、徒手空拳、木の棒、小型の刃物程度には有利をとる。
・都市適応型生活補助アプリ
 いわゆるコミュニケーションゲームみたいなのでなく、超簡易な外部脳的な役割をさせたい。
 でもLive2Dみたいなの使いたい。

これでつまらないこの世界を乗り切ってみせるんやっ!

PS コメント頂いた方、確認してなくって申し訳ありません。
   もしよろしければまたご連絡お願いいたします。


スポンサーサイト

連接剣を作る!

前回の更新いつだろ・・・

とりあえず今年の目標は連接剣を作成することです!
連接剣ってのは蛇腹剣のことです!

俗に言うガリ○ンソードですね。
タイムスリップしたフランス軍人とか、古代べ○カ(でよかったっけ?)の剣士さんとかが使ってるアレです。
最近だと金太郎チ○イカとかも使ってますね。

しかし、残念ながら私には鬼の力とか、古代の魔法力とか、神経を武器と同調させるとかいう設定は
持ち合わせていないため、機構で勝負するしかいないですね。

そして、今回はこれまでの失敗を活かし、試作を作りながら最終的な構造を追求する予定です。
(去年の失敗は痛かった・・・)

というわけで考えたなかで最もシンプルな構造のものを試作したのが下のやつです!




線径が細く、経は大きめなバネが売ってて、しかもプラのパイプとぴったんこだったのでついやってしまった・・・
構造は簡単で、短く切ったパイプにバネを通し、固定しただけ。
これだけだとプランプランだったので、樹脂の棒をバネの内側にさらに入れています。

まあ結論からいいますと微妙です。ポイントは以下の点です。
①伸びたときの形がまっすぐで連接剣ぽくない。
②バネの戻りが早く、伸びた状態を維持して振り回すのは困難。

まあデータ取りが目的ですからこんなもんですね。ですが、要するにワイヤー部にばね特性を持たせると
扱いずらいということ、そして、なんのささえもないとあの綺麗な曲線を描くような軌道は得られない
ということがわかりました。また、中に入れた樹脂の先端に戻ってきたバネが引っかかり戻りもイマイチです。
これはたとえワイヤーでも、基部に対して角度がついてると摩擦が起こることを予期させます。

というわけで、次回以降の改善案は以下のようになります。
①節同士の接続が必要ではないか?
②伸びる機構に対しては単にばね特性を付加するだけではダメ。しかし戻す必要はある。
③戻す際にワイヤーと戻す基部側に角度が付かない構造にする。

まあこんな感じで徐々に修正していきます。
とりあえずペレット式の3Dプリンタ欲しい。

今年の装備はこれじゃ!

なんだかんだでずいぶん更新していませんでしたが、今年もMAKEに出展します。

半分くらい組み上がったところをとりあえずアップします。

うぇfmed

新作!

冬から時期も経ち、ずいぶんあったかくなってきましたね。AZURE256です。

さて、ダークソウルにハマったり、UMIちゃん取るために330回シャンシャンしたりして全然進んでいなかった作品制作ですが、この度「足」用に新型を作成することにしました。

今回はジャンプ力UP用の装備です。

そして、今回は同じコンセプトでyavashiと別々に作成をすることになりました。
どちらのほうが高く飛べるか、楽しみです。(また木の棒だときついな・・・)

それではさらなる続報にご期待ください。

裏β型!

コミケ三日目に持っていきます。

dgrr
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。